2014年04月03日

遠山郷神様王国ウォーキング

神様王国という会がありまして、ガイドにつきまして主に南信濃和田地区でやっています。商用ベースのものではなく、どちらかいいますと同好会のような会になるかもしれません。




http://www.tohyamago.com/kami/
↑神様王国ホームページ

依頼によりガイドをしてくれます。窓口は観光協会になります。
※この動画は担当者Kが撮影、編集したものです。

posted by かぐら山荘のK at 01:50| 歴史、史跡等

2014年04月01日

木沢熊野神社の霜月祭り

木沢地区の熊野神社の霜月祭りの場面の動画です。(祭り全体からしますと、ほんの一場面です)

遠山の霜月祭りは、それぞれの神社のそれぞれの地区(神社の氏子さん方)で独自に行われます。基本的な内容は同じでも、舞い方に多少の違いがあったり、厳粛に行われることろもあれば、若い年代でにぎやかに行われるところもあったり、氏子以外の祭りの参加にオープンなところもあれば、そういう事もないところもあったり、さまざまなようです。
また、祭りは、主に和田地区タイプと木沢地区、上村地区のタイプに分かれるそうですが、一番分かりやすいのは和田タイプには笛が無く、木沢、上村地区タイプは笛があるという事でしょうか。












いずれの神社の霜月祭りも、後継者不足の問題があります。ここ数年のあいだに祭りが行われなくなった神社もあります。その神社のところの集落自体が「限界集落」という事がありますが、霜月祭りは、さかのぼれば、800年の歴史があるそうですので、今の時代に消えていってしまうのかと、惜しいものであります。

なお木沢地区におかれましては、最近、若い年代(30歳、40歳、50歳はまだ若手であります)を中心とした、霜月祭りを行っていく集まりができたそうです。

もし、霜月祭りをご見学されることがありましたら、よろしければお心付けといいますか、ご奉納をご用意いただければと思います。

posted by かぐら山荘のK at 21:47| 遠山の霜月祭り(重要無形民俗文化財)

2014年03月31日

下栗の里へ

本日はちょっと下栗の里へ行ってきました。

CIMG8892.JPG

↑下栗の里はんば亭駐車場より。バイクは相棒のホンダ、シルクロード氏です。1981年産(推定)。


CIMG8919.JPG

↑下栗の里ビューポイントの入り口付近です。駐車場から少し歩きます。


CIMG8893.JPG

↑バイク、自転車進入禁止になっています。ビューポイントまでバイクで行き、コーヒーを沸かして飲む「わんおふ」というアニメがあります(下栗の里などが作品の舞台)。が、ビューポイントまでは徒歩となりますので、お気を付け下さい。



CIMG8894.JPG

↑道はこんな感じです。


CIMG8898.JPG

↑道を直してしました。今日は観光でお見えの方は空いていました。混むときは大変混むようです。


CIMG8918.JPG

↑しばらく歩いていきまして、到着。ビューポイント。


CIMG8917.JPG

↑こんな感じです。

ビューポイントまでは山道になりますのでサンダルはきついと思います。お茶なんかも持参するといいかもしれません。

なお、下栗の里につきましては、観光で訪れる方が多くなりましたが、集落は昔から変わらず人々の生活の場です。
ビューポイントは、はじめ、地元の方が地域の為にとコツコツ作られたものだそうですので宜しくお願いします。

posted by かぐら山荘のK at 16:47| 下栗の里など

2014年03月30日

マラニックIN遠山郷2013の写真


毎年マラニックが行われ、昨年は第7回でした。マラニックとはマラソンとピクニックをかけた造語だそうです。
遠山の山や谷の中を、上ったり下ったりして、何と50キロの距離。どう考えてもフルマラソンより大変かと思います。
それを、早い人だとお昼頃にはゴール。(スタートは朝6時半)私なんかは多分、5キロとかも行けばへたります。

さて、パパラッチではありませんが、少々写真がありますので、掲載したいと思います。

CIMG6674.JPG

CIMG6686.JPG

↑ 前夜祭の場面です。昨年は南和田にある天仁の杜(てんじんのもり)で行われました。



CIMG6700.JPG

↑こちら大会当日、受付場所のあんばまいか館内とスタッフ。


CIMG6711.JPG

CIMG6740.JPG

↑ 道の駅遠山郷からのスタートの場面


CIMG6760.JPG

CIMG6764.JPG

↑ 旧木沢小学校にて、ゼッケンのチェック。エイドで、飲み物やちょっとした食べ物がでます。
テントではわんこそばのふるまいがあります。


CIMG6778.JPG

↑下栗の里、はんば亭エイド。



CIMG6788.JPG

CIMG6791.JPG

↑中根地区熊谷さん宅のエイド。
色んなエイドで食べ物がふるまわれ、これだけ走ってるのに逆に体重が増える方もおみえだそうです。


CIMG6794.JPG

CIMG6796.JPG

↑神社のエイド。禰宜様(神職の人)をとおして安全祈願。


CIMG6805.JPG

↑龍淵寺のとなりの殿町の茶屋の前のエイド。地元山肉料理店の猪鍋がふるまわれます。


CIMG6810.JPG

CIMG6814.JPG

↑南信濃和田地区あたり。かき氷の旗が。


CIMG6816.JPG

↑八重河内地区の島畑エイド。マムシ酒などのふるまいが。


CIMG6827.JPG

↑十原地区エイド。乙な感じのエイドです。


CIMG6833.JPG

↑南和田地区の天仁の杜(てんじんのもり)エイド。マレットゴルフ(木づちでボールを打つパターゴルフみたいな、長野県内では流行のもの)でホールインワンをだすと、賞品がでました。(写真が無いのが残念です)


CIMG6841.JPG

↑終わった当日の後夜祭の場面。かぐらの湯内で行われました。


写真はそれぞれのいち場面しかご紹介できませんでしたが、参加者が130名(以上?)ほどおられ、そのご家族、実行委員会スタッフ、エイドスタッフ、地元の皆さん他のみんなの大会でありました。また今年もでき、今後も続けていければと思います。


posted by かぐら山荘のK at 01:06| マラニック

2014年03月28日

桜の進捗状況と和田地区風景


桜は道の駅遠山郷のところの川津桜になります。
(平成26年3月28日)


CIMG8869.JPG



CIMG8864.JPG



CIMG8871.JPG



CIMG8850.JPG



CIMG8859.JPG
posted by かぐら山荘のK at 17:41| 季節、天気など

秋葉街道の跡

遠山郷地域を縦につらぬく国道152号線ですが、静岡県浜松から長野県諏訪のあたりまでの国道です。地質の関係で、国道建設当時の技術ではなかなかトンネルを作れなかったとの事で、静岡と長野の県境など、迂回する山道があったりします。

さて、その国道152号線の昔、秋葉街道の跡の写真です。

DSCN2515.JPG



DSCN2522.JPG



DSCN2516.JPG

写真はある集落跡の付近です。残念ですが、現在になり道路を建設中ですので、今は残っておりません。
(木は植林したものと思われます)

連れて行ってくれた近所のおじさんは、石垣を色々調べておられる(年代により作り方が違うとか、人力で当時作った様子を考えるとか)ようです。石垣というのは時間がたっても残りやすいという事で、現在は人が住んでいない所でも、写真の通り残りやすいようです。

昔は自動車なんか無かったので、道幅が写真の通り、せいぜい1m前後とかでしょうか。馬や牛も通ったと考えられます。

長い歴史で考えると、モータリゼーションというのはごく最近おこったものというような感覚になったりします。


posted by かぐら山荘のK at 03:31| 歴史、史跡等

2014年03月27日

南信濃地区八重河内八幡神社 からすの場面(霜月祭り)

霜月祭り、南信濃八重河内地区八幡神社のからすの場面です。同じからすの面(おもてとよみます)で和田地区の諏訪神社でも出番がありますが、あばれかたに違いがあります。(平成25年12月15日、撮影:かぐら山荘のK)


posted by かぐら山荘のK at 21:10| 遠山の霜月祭り(重要無形民俗文化財)

南信濃諏訪神社 からすの場面 (霜月祭り)

霜月祭り、南信濃和田地区諏訪神社のからすの場面です。同じからすの面(おもてと読みます)で南信濃八重河内八幡神社でも出番がありますが、全く内容が違うものになります。
(平成25年12月13日、撮影者かぐら山荘のK)


posted by かぐら山荘のK at 19:57| 遠山の霜月祭り(重要無形民俗文化財)

バイク

バイクの季節になりました。写真は下栗の里にある、はんば亭駐車場からの南アルプス方面へのながめです。(写真のバイクはホンダシルクロード、250cc)

DSC_0428.jpg

posted by かぐら山荘のK at 05:45| バイク、ツーリング

大雪の日

先日の大雪時の写真です。

CIMG8435.JPG
posted by かぐら山荘のK at 04:15| 季節、天気など