2020年03月20日

津島牛頭天王、薬師如来、観音様

コロナウイルスは大変な事になっておりますが。

ムカシも疫病が流行ると大変な事になったようです。公衆衛生や医療技術やサービスなど未発達な時代は、神仏に祈願したり薬草を使ったりしたと聞きます。救急車など自動車もなかった時代(そもそも車道もないですが)は、戸板(家の戸の板)に病人をのせて何人かで運んだとも聞きます。

今回はこの地域にある石仏で、ムカシ、疫病や病気に御利益があるという事で信仰されていた神仏の例です。


1、津島牛頭天王(写真右側)
DSC_0851.JPG
愛知県津島市にある津島神社から勧請されてきたのではないかと思います。津島様は各集落ごとくらいにに祀られていたようで、祀ってある数は多いと思います。


2、薬師如来(写真左)
DSCN0709.JPG
津島様よりは祀ってあるのは少ないと思います。写真のここの集落場所の場合、ムカシ、どこからかの僧侶が云々とどこかに書いてあった記憶がありますが、その関係のものかもと勝手に思ってます。なお、写真右の人物の石像は子供を抱いているので子安様でしょうか。残念ながら写真を撮ったあと数年後に盗難にあってしまいました。



3、観音様
DSCN4190.JPG
ムカシの道沿いなどに観音様がまつられていて、地域に疫病など悪いものが入ってこないようにとの事です。


おまけ
DSCN4210.JPG
こちらは秋葉大権現と書いてあるかと思います。嘉永4年でしょうか。西暦1851年ですので約170年程前かと思います。

なお、石仏はよく盗難にあうようです。なので場所の案内などはできません。持ち去りなどはバチがあたりますのでやめましょう。
posted by かぐら山荘のK at 22:09| 神社、お寺、神事、祭りなど

2020年03月16日

遠山の霜月祭りのお湯(和田地区諏訪神社)

霜月祭りは遠山郷内の各神社にて行われますが、下記動画につきましては、和田地区諏訪神社の昨年の霜月祭り(令和元年12月13日)の「一の湯」の場面です。

神名帳を読み上げ全国の神々をお招きしてお湯を差し上げる場面があり、このお祭りといえばお面が人気ですが、個人的にはこちらが一番重要かもと思っております。

現在温泉「かぐらの湯」は故障により休業しておりますが(令和2年3月現在)、神々にお湯を差し上げる重要無形民俗文化財指定の「遠山の霜月祭り」がある地域という事で、皆様に入っていただけるかぐらの湯はそれを象徴しているようなものともいえますので、早く復旧していただければと思います。

posted by かぐら山荘のK at 16:18| 遠山の霜月祭り(重要無形民俗文化財)