2020年03月20日

津島牛頭天王、薬師如来、観音様

コロナウイルスは大変な事になっておりますが。

ムカシも疫病が流行ると大変な事になったようです。公衆衛生や医療技術やサービスなど未発達な時代は、神仏に祈願したり薬草を使ったりしたと聞きます。救急車など自動車もなかった時代(そもそも車道もないですが)は、戸板(家の戸の板)に病人をのせて何人かで運んだとも聞きます。

今回はこの地域にある石仏で、ムカシ、疫病や病気に御利益があるという事で信仰されていた神仏の例です。


1、津島牛頭天王(写真右側)
DSC_0851.JPG
愛知県津島市にある津島神社から勧請されてきたのではないかと思います。津島様は各集落ごとくらいにに祀られていたようで、祀ってある数は多いと思います。


2、薬師如来(写真左)
DSCN0709.JPG
津島様よりは祀ってあるのは少ないと思います。写真のここの集落場所の場合、ムカシ、どこからかの僧侶が云々とどこかに書いてあった記憶がありますが、その関係のものかもと勝手に思ってます。なお、写真右の人物の石像は子供を抱いているので子安様でしょうか。残念ながら写真を撮ったあと数年後に盗難にあってしまいました。



3、観音様
DSCN4190.JPG
ムカシの道沿いなどに観音様がまつられていて、地域に疫病など悪いものが入ってこないようにとの事です。


おまけ
DSCN4210.JPG
こちらは秋葉大権現と書いてあるかと思います。嘉永4年でしょうか。西暦1851年ですので約170年程前かと思います。

なお、石仏はよく盗難にあうようです。なので場所の案内などはできません。持ち去りなどはバチがあたりますのでやめましょう。
posted by かぐら山荘のK at 22:09| 神社、お寺、神事、祭りなど

2020年03月16日

遠山の霜月祭りのお湯(和田地区諏訪神社)

霜月祭りは遠山郷内の各神社にて行われますが、下記動画につきましては、和田地区諏訪神社の昨年の霜月祭り(令和元年12月13日)の「一の湯」の場面です。

神名帳を読み上げ全国の神々をお招きしてお湯を差し上げる場面があり、このお祭りといえばお面が人気ですが、個人的にはこちらが一番重要かもと思っております。

現在温泉「かぐらの湯」は故障により休業しておりますが(令和2年3月現在)、神々にお湯を差し上げる重要無形民俗文化財指定の「遠山の霜月祭り」がある地域という事で、皆様に入っていただけるかぐらの湯はそれを象徴しているようなものともいえますので、早く復旧していただければと思います。

posted by かぐら山荘のK at 16:18| 遠山の霜月祭り(重要無形民俗文化財)

2019年12月19日

遠山の霜月祭り (令和元年12月)

ブログは不定期ですが、かなり久しぶりの投稿です。
さて、先日、霜月祭りの動画を撮ってきました。


和田地区の諏訪神社の湯の式の場面です。

だいたい当日10時から神道式の例祭を行い、午後から古典祭が行われます。
湯の式は古典祭の初めに行われます。(そのまえに早朝から川から水を汲んできて釜に水を入れ、薪に火をつけますが)

地域全体の過疎高齢化、神社の氏子の減少、世代交代などもあり、祭りが行われなくなる神社もあります。
数年たつとさらに祭りが行われなくなる神社が増えるかと思います。
せめてもという事もあり動画を撮っています。

なお、わたくしも諏訪神社ではないですが祭り保存会の一員です。


posted by かぐら山荘のK at 23:14| 遠山郷の地域

2018年04月15日

大型バイクの皆様

大型バイクの皆様がおみえになりました。
おゆるしがありましたので写真を掲載させていただきます。

IMG_5770.JPG
フェイスブックなどのSNSでのお知り合いの皆様との事で、宇都宮ナンバーや四国の香川ナンバーの方などがおみえになられました。ご出発の翌朝はあいにくの雨天になってしまいましたが、午後からは晴れのようです。


1IMG_5766.JPG

IMG_5773.JPG
皆様インカム無線をつけておられます。


IMG_5785.JPG

IMG_5793.JPG
ありがとうございました。どうかお気を付けてお帰り下さい。

遠山郷は長野県の南端にあり、ひと山こえると静岡県です。長野県内ながらお茶の栽培もやっておりますが、冬季は冬用のタイヤが必須ですので二輪は難しいです(地元の郵便配達バイクはスパイクタイヤで配達しておられますけど)。これからバイクのシーズンですね。
posted by かぐら山荘のK at 16:58| バイク、ツーリング

2018年02月20日

和田地区諏訪神社の御柱祭り (平成28年)

平成28年のものですが、4月3日に行われた和田諏訪神社の御柱祭りの写真です。

なお、これより前の3月12日に山出し式をやりました。

さて、
CIMG9403.JPG
当日朝の時点の行列です。御柱のある遠山中学校前に行くところです。(8時20分頃)


CIMG9410.JPG


CIMG9428.JPG
遠山中学校前の御柱です。まだ縄などがつけられていません。


CIMG9433.JPG
出発するところです。


CIMG9438.JPG


CIMG9456.JPG
人々で道路が埋め尽くされています。


CIMG9502.JPG



CIMG9531.JPG
宝船といってられた気がします。船の中に奉納金などを。


CIMG9514.JPG
桜と消防車。消防団も協力しています。


CIMG9649.JPG
遠山川と桜。


CIMG9579.JPG
はるか向こうまで人、人、人です。こんなに人が集まるのは毎年夏に行われる同じ諏訪神社の御射山祭り以上かもしれません。


CIMG9588.JPG


CIMG9603.JPG



CIMG9618.JPG


CIMG9630.JPG


CIMG9635.JPG

CIMG9638.JPG


CIMG9706.JPG
特別養護老人ホーム遠山荘まえです。

CIMG9702.JPG


CIMG9747.JPG
御柱を引っ張る縄です。


IMG_0201.JPG
諏訪神社まえ到着です。


IMG_0260.JPG
神社境内の。


IMG_0302.JPG
いろいろな方向からワイヤーで引っ張って御柱を立てます。


IMG_0350.JPG
この年は重機が出動しました。


IMG_0383.JPG
御柱の上から垂幕。で、上からお菓子がまかれました。

IMG_0402.JPG
お疲れさまでした。

時間(写真撮影時間)は神社到着が15時頃、終わりが17時頃でした。

posted by かぐら山荘のK at 00:38| 神社、お寺、神事、祭りなど

2018年02月19日

和田地区諏訪神社の御柱山出し式(平成28年)

平成28年3月になりますが、和田地区の諏訪神社御柱祭りの山出し式の写真です。


↓山から木を出すまえの神事です。
CIMG8994.JPG



CIMG9005.JPG


↓坂道で、木が転がっていかないように運びます。
CIMG9022.JPG



CIMG9037.JPG



CIMG9031.JPG



CIMG9042.JPG



CIMG9051.JPG


↓信号機は新設で稼働しておりません。
CIMG9054.JPG



CIMG9064.JPG


↓先頭は遠山宮司さんです。
CIMG9070.JPG


↓遠山中学校前。
CIMG9086.JPG


CIMG9096.JPG


CIMG9103.JPG

詳細を知らないので解説などできなくてすいません。
山出し式は3月12日に行われましたが、この後4月3日が祭りの本日になります。

posted by かぐら山荘のK at 01:15| 神社、お寺、神事、祭りなど

2018年02月12日

パソコンの写真ファイルを見ていたら、虹の写真がありました。

道の駅遠山郷のうらにある遠山川付近で、真ん中の山は盛平山です。
IMG_3870.JPG


よく見ると二つあるようです。
IMG_3886.JPG


望遠拡大です。
IMG_3890.JPG

下流方面です。
IMG_3902.JPG

撮影日は平成29年の10月25日でした。

続きを読む
posted by かぐら山荘のK at 21:01| 季節、天気など

2015年05月18日

秋葉街道と三遠南信道(国道152号線)

三遠南信道(三河、遠州、南信州を貫く道路)は、高規格道路設計ですが、遠山の地域の部分は現用の国道152号線を改良して、当面はそれを利用するとの事です。(三遠南信道は、30年以上も前からあと10年でできると言われている感じですけど)

遠山地域内の国道152号は、もともと整備も進んでいたものではありませんでしたが、それでも最近順々と出来上がってきています。

CIMG7425.JPG
↑最近できた国道のバイパスです。(南信濃八重河内)


さて先日、昔の道であった秋葉街道(地元の一部)を歩く機会がありましたのでアップ致します。

CIMG7310.JPG
↑山の中で、秋葉街道の跡だそうです。本当にこの道を使っていた頃は、当然、植林した杉や檜ではなかったと思われます。

CIMG7304.JPG
↑だいたいは、庚申様や津島牛頭天王、馬頭観音。

CIMG7320.JPG
↑崩れた所もあります。

CIMG7325.JPG
↑沢があったりします。

CIMG7329.JPG

CIMG7351.JPG
↑ちょっとした集落の跡。クルマでは行けれません。

CIMG7331.JPG
↑昔は、生活の中で神様の存在が大きかったと思います。

CIMG7339.JPG
↑ヤンマーNSA40

CIMG7348.JPG
↑ホンダE300.1965年発売のものとの事。

CIMG7349.JPG
↑現代の都市部の生活とは、かけ離れた感じがしてくれるところです。

CIMG7362.JPG
↑山の尾根を歩きます。

今の時代では、クルマや道路のある生活常識しかなかなか分かりませんが、温故知新もなかなか色々考えさせてくれるものと思います。
posted by かぐら山荘のK at 13:43| 歴史、史跡等

2015年02月11日

スノーシュー

下栗の里の上の炭焼山へ、スノーシューのモニターツアーへ行ってきました。
スノーシューは、雪上歩行具の事です。

CIMG2543.JPG
↑下栗の里のはんば亭駐車場。モニターツアーは飯田観光協会が、地元の観光に関わる人向けに行いました。

CIMG2545.JPG
↑はんば亭から山の上へ歩いて登ります。積雪の無い時期は、下栗の里からしらびそ高原へクルマで行けるルートです。

CIMG2547.JPG
↑はんば亭より上は人家がありません。まあたらしい動物の足跡が多数ありました。今回は地元で猟師もやっている方もおられて、この足跡はキツネとか、これはうさぎとかの話がありました。

CIMG2549.JPG
↑通行止めですが、許可を得て進みます。

CIMG2554.JPG
↑スノーシューですが、今回は靴につける簡易的なゴムの滑り止めスパイクをつけて行きました。道は、凍結した氷の上に積雪がある所でとても滑るところがあり、転倒もありました。

CIMG2551.JPG
↑ヤドリギ(寄生植物)

CIMG2556.JPG
↑ご案内いただいたアルプスネイチャ―クラブのハバザキさん(右)と飯田観光協会と飯田市観光課の方(真ん中のお二人)

CIMG2561.JPG

CIMG2563.JPG
↑炭焼山付近。無線中継局や国交省のアメダス、サンセットポイントがありました。この場所で積雪は45cm位だそうです。

CIMG2562.JPG
↑南信濃和田付近が遠くに見えました。

はじめてスノーシューツアーに参加しました。雪のある下栗の里、雪山はまた味のある感じでした。

↓スノーシュー(ウィキ)

posted by かぐら山荘のK at 22:12| 山、登山、南アルプスなど

2014年12月04日

和田タイプの霜月祭り2

昨年のものですが、猿の舞が撮ってありましたのでアップ致します。


↓八重河内尾野島八幡神社


↓和田諏訪神社



posted by かぐら山荘のK at 11:23| 遠山の霜月祭り(重要無形民俗文化財)